ニュース

ベンフィカの育成について

皆さんポルトガルの名門ベンフィカについてご存知でしょうか、昨年日本人GK小久保玲央・ブライアン選手が移籍したチームということもあってサッカーファン以外でも少しは馴染みがあるかなと思います。サッカーを知っている人にすれば誰もが知っていることでしょう。特に育成に定評があるようにつぎつぎに有名選手が排出されているクラブ。今回は育成についてお話します。

概要

簡単にベンフィカの説明

ホームスタジアム、エスタディオ・ダ・ルスは別名光のスタジアムと呼ばれており収容人数は65647人。

 成績 チャンピオンズリーグ(カップ)2回、プリメイラリーグ37回、タッサ・デ・ポルトガル26回、タッサ・ダ・リーガ7回を獲得。

チームカラー 赤  

またベンフィカはサッカーだけではなく水泳、ハンドボール、バスケットボール、柔道、ラグビーなど幅広くスポーツ活動を行っている。

ヨーロッパのスターを生み出す育成方法

マンチェスターシティは、昨年の夏に6500万ポンドでルーベンディアスをアトレティコマドリードに1億1,300万ポンドで売却されたジョアンフェリックスを獲得など才能溢れる若手を次々と輩出している

プレーヤー売却費用
ルーベン・ディアスマンチェスター・C20206500万ポンド
ジョアンフェリックスアトレティコ・マドリード2019年1億1,300万ポンド
ジョアン・カルバーリョノッティンガムフォレスト2018年1,320万ポンド
ネルソン・セメドバルセロナ2017年£30.8m
エデルソンマンチェスター・C2017年3,500万ポンド
ヴィクトルリンデロフマンチェスターユナイテッド2017年3100万ポンド
ゴンサロ・ゲデスPSG2017年£2550万
エルデルコスタモナコ2017年1,300万ポンド
レナトサンチェスバイエルン・ミュンヘン2016年3150万ポンド*
ジョアン・カンセロバレンシア2015年£1350万*
ベルナルド・シルバモナコ2015年1,420万ポンド*
アンドレ・ゴメスバレンシア2015年1,800万ポンド*
イヴァン・カヴァレイロモナコ2015年£1350万*

毎年2~3選手はクラブに売却をおこなっていることがわかる。

ベンフィカの選手募集は6歳から13歳までの子供たちの「黄金時代」に焦点を当てており、クラブにはアカデミー内に470人のプレーヤーがいます。

「そんなに多くないと思います-それは投資です」とMagalhaesは言います。「22歳のトッププレーヤーを購入するために莫大なコストを私たちが若者に費やすものと比較すると、20倍以上それを行うことができ、それでも22歳を購入するよりも安いでしょう。

「私たちは彼らを採用し、ベンフィカの方法論に取り入れ、プレーヤーを最初のチームに入れることを目標に、彼らに長期的な発展をもたらします。これが私たちの使命です。」

才能のある若者がスカウトされ、契約にサインされると、チームトレーニングと一緒に取り組むための個人メニュープログラムが与えられます。スカウティングネットワークには多くのパラメータがあり、ルーベン・ディアスは技術的能力以外の重要な特性を持っているために選ばれた人の例です。

「ルベン・ディアスは平均的な選手として11歳の時にベンフィカにやってきた。彼のテクニックは良かったが、トップレベルではなかった」とマガリャスは説明する。「彼がプロのレベルに到達することを可能にしたのは彼の仕事の能力でした。

「彼は他の人とは違う能力を多く持っていました。リーダーシップとコミュニケーション。彼はピッチの将軍のようです。ルーベンがベンフィカと対戦して11歳未満でプレーするのを見たとき、彼はみんなと話し、チームを編成していたので、ルーベンがベンフィカに来ることができたのはコミュニケーションとリーダーシップだった。」

技術的な改善に加えて、個々のプログラムは、医学的、身体的、心理的要素で構成されています。

「私たちはプレーヤーと一緒に計画を立て、彼の意見、次の成長ステップ、彼が取り組む必要があること、それがより技術的であるかどうか、または彼が物理的またはゲームの理解に取り組む必要があるかどうかを尋ねます。それを個人のプログラムに組み込まれている」とテクニカルディレクターのペドロマルケスは言います。

「各チームにはプログラムがありますが、それはいくつかの個別の成長プログラムで補完されます。これは、必要なもので満たすことができる時間の割り当てです。

「技術的なことに取り組む必要がある人もいれば、ピッチでそれを行う人もいれば、ジムでそれを行う人もいます。彼らは、この段階で成長する必要のあるニーズと優先順位に見極めて行っている。」

ベンフィカに来たときは平均と見なされるプレーヤーを6200万ポンドのディフェンダーに育てることは、ベンフィカに設置されているシステムが成功を収めていることの表れです。

計画には忍耐もあります。現在マンチェスターシティにいるベルナルド・シルバは、若い年齢層で際立っていましたが、他の人が急成長し、ゲームの体格に対処できなくなったため、10代で苦労しました。

しかし、クラブは彼の技術的能力が最終的に彼が国際的なプレーヤーになることを可能にすることを知っていましたが、他の人は試合のパフォーマンスだけに基づいて彼を判断していたかもしれません。

「若い年齢層では、遊ぶことと楽しむこと、自由に遊ぶこと、情熱を育むこと、そして問題を克服することに重点が置かれています」とマルケスは言います。

「最終的には勝者と敗者が出ますが、それは私たちが最大の焦点を当てる場所ではありません。私たちは成長の一環としてゲームを見て、あなたが成長したところを実践する場所であり、彼らにとって良い環境だ」と語った。

「現代のプレーヤーは、同じゲームでさまざまな役割とポジションを実行できる必要があります」とMagalhaes氏は言います。「ベルナルドはミッドフィールダー、次にウイングでプレーします。ジョアン・カンセロはウイング、次に攻撃的な右バックでプレー。彼らは知識を向上させ、ゲームの異なる見方を教育させます。」

サッカーの教育に加えて、外の世界のためにプレーヤーを準備するというコミットメントがあります。ベンフィカは言うまでもなく、アカデミーシステムを通過する若者のほんの一部がプロとして活躍します。クラブ内では10人のスタッフが教育面を運営しており、マナーはピッチでのパフォーマンスとほぼ同じくらい重要です。

「それは私たちにとって非常に重要です。私たちは全体的なアプローチをとっています。私たちはプレーヤーを育成するだけでなく、人としての育成も行っているので、ベンフィカキャンパスでは教師やチームとともに社会的および教育的支援を行っています。市民生活のプロセスを管理する」とマガリャエス氏は言う。

「私たちはプレーヤーだけでなく人を助ける必要があります。彼らは個性を発達させ、人生の問題に直面する準備をする必要があります。プロレベルに進むプレーヤーはごくわずかです。」

アカデミーは常に改善しようとしています。ベンフィカにはバスケットボール、ハンドボール、ホッケーのチームがあり、革新的なコーチングのアイデアに簡単にアクセスできます。そして、彼らは世界中のサッカークラブにもインスピレーションを求めています。マルケスはマンチェスターシティで8年間働いていたので、他のエリートチームがどのように運営されているかを知っています。

「才能はどこからでも生まれ、良いアイデアはどこからでも生まれると思います」と彼は言います。「私たちはこの成功を維持したいだけではなく、日々改善を続けていきたいので、常に自分自身に挑戦しています。

「音楽、芸術、演劇など、才能の発展に密接に関連している他の分野から学ぶことができます。それに加えて、私たちのシステムにわずかな利益と少しの微調整を得ることができるさまざまな方法があります。」

すべてのフェリックスまたはディアスには、それを行わない人がたくさんいます。彼らのコーチは各選手を平等に扱い、ベンフィカのサッカーの成功と経済的持続可能性を確保するために彼らの可能性を最大化することに取り組んでいます。

しかし、マルケスが言うように、「私たちの最大の目的は、彼らが夢を実現するのを助けることです。」

引用文献 BBCスポーツ https://www.bbc.com/sport/football/54737758

どうでしたかベンフィカの育成組織、このような環境を作れることや行える人材の豊富さが際立っておりますね。日本にもこのような育成機関ができなければ、海外とのレベルの差がどんどん離れていくことでしょう。今後の日本の育成の見本になっていって欲しいです。また小久保玲央・ブライアン選手の活躍にも期待しましょう。

Embed from Getty Images

Euro 2004 Stadium General Views : ニュース写真
こんな記事もおすすめ