ニュース

プレミアリーグ:BIG6同士のゲームはスコアレスドローが増えた?

プレミアリーグBIG6(リバプール、マンチェスターユナイテッド、マンチェスターシティ、アーセナル、トッテナム、チェルシー)との戦績

リーグ戦リバプールマンチェスター・Uマンチェスター・Cアーセナルチェルシートッテナム
リバプール/0△01△13〇10〇22〇1
1〇3
マンチェスター・U0△0/0△00●1
0△0
0△01●6
マンチェスター・C1△10△0/1〇01〇30●2
アーセナル1●31〇0
0△0
0●1/3〇12●0
チェルシー0●20△03●11●3/0△0
トッテナム1●2
1●3
1〇62〇02〇00△0/

引用元 BBCスポーツ
1位マンチェスターシティ
2位マンチェスターユナイテッド
3位リバプール
4位トッテナム
5位チェルシー
6位アーセナル
BIG6だけで全体のリーグ戦順

マンチェスターユナイテッドがダントツの4回ものスコアレスドローを記録している。

これは、マンチェスターユナイテッドがBIG6に対してゴールを奪えずにプレーした時間が538分です。昨シーズン、これまでにプレーしたのと同じ試合で、彼らは2回スコアレスドローがあったが、それでも平均して60分ごとに得点しました。

しかし、これらのゲームでゴールを達成するのが難しいと感じたのはユナイテッドだけではありません。4つのチームもゴールを決められなかったという事実に加えて、11月にチェルシーがスパーズとゴールレスドローを行いました。

プレミアリーグの記録に向かって

今シーズンのこれまでのところ、ビッグシックスの間で17回の試合が行われ、そのうち5回はゴールレスで終了しました。

これは、プレミアリーグの歴史上、これらのチーム間ですでに2番目に多い0-0の数であり、まだシーズンの半分しか過ぎていません。

過去10年間に一度だけ、シーズン中にゴールレスドローが多くありました。それは2015-16年で、38ラウンドの試合終了時点での結果でした。

残っている13回の試合でもう1回0-0になると、1994-95年に設定された6回の記録に等しくなります。

過去10シーズンとの比較
シーズンBIG6 試合ゴール数0-0で終わった試合1試合当たりのゴール数
2010-11306942.30
2011-123010433.47
2012-13309913.30
2013-14309533.17
2014-15308722.90
2015-16307652.53
2016-17307822.60
2017-18309123.03
2018-19308422.80
2019-20309103.03
2020-21173652.12

過去10シーズンのうち6シーズンでは、プレミアリーグシーズン全体の試合よりも、BIG6との対戦が1試合あたりのゴール数が多くなっています。

今シーズンは、BIG6のゴールとプレミアリーグ全体のゴール数は0.58ゴール少なく、これまでの10シーズンのどの試合よりも大きなマイナスの差があります。

シーズンBIG6
ゴール数
PL全体での1試合当たりのゴール数BIG6とPL全体のゴール数の比較
2010-112.32.8-0.5
2011-123.472.81+0.66
2012-133.32.8+0.5
2013-143.172.77+0.4
2014-152.92.57+0.33
2015-162.532.7-0.17
2016-172.62.62.8-0.2
2017-183.032.68+0.35
2018-192.82.82-0.02
2019-203.032.72+0.31
2020-212.122.7-0.58

そしてもう一つ…

ゲームの36%がゴールレスで終了するという現在の傾向は、これらのチーム間で0-0の引き分けが最も多い今シーズンには必然性があることを意味します。

しかし、全体的にはどうですか?

主にこれらすべての完封のために、今シーズンは15年間でチーム間の試合でゲームあたりの平均ゴール数が最も低く、全体で3番目に低くなっています。

そして、マンチェスター・ユナイテッドに対するトッテナムの6-1の勝利が起こらなかったとしたら、これらの試合でのゲームあたりの最低ゴール数になります。

BIG6試合-スコアが最も低いシーズン
シーズンゲームゴール1試合あたりのゴール
2005-0630571.90
2004-0530632.10
2020-2117362.12
2006-0730652.17
1993-9430662.20

何故このような試合展開が多くなったのか

一番の原因としてはCOVID-19の影響

コロナウイルスにより選手のコンディション不良で安定したパフォーマンスの欠如

過密日程での選手のフィジカル面での問題と故障、怪我が上げられる。

さらには、無観客試合ということが選手のモチベーションの低下にも繋がったと考えられる。

スタジアムに観客がいれば違ったプレーをしたであろうという感覚から逃れることはできず、サポートが提供するノイズ、情熱、アドレナリンが選手の雰囲気を変えることは間違いない。

12月のオールドトラフォードでのマンチェスターダービーは典型的な例であり、ユナイテッドとシティの両方が、少なくとも肉眼では、ずっと落ち着いているように見えた。

しかし、パンデミックのスタジアム内の雰囲気が不足していることを考えると、これは避けられないことです。サポーターをさらに恋しく思い、彼らがゴールをもたらしたかもしれない興奮の環境をもっと作り出すことができたかもしれませんが試合を通してゴール数が少なくなるのは必然であったかもしれないが残り13試合ゴール数を注目して見てもらいたい

Huddersfield Town v Liverpool FC - Premier League : ニュース写真
引用元 Embed from Getty Images

引用元 BBCスポーツ

※22節トッテナム対チェルシーを除く

こんな記事もおすすめ