選手紹介

【小さなクライフ】トッテナム ブライアン・ヒルとは

トッテナム スペイン ブライアンヒル

小さなクライフエイバルのワンダーボーイと評され、スペインサッカー界の将来のスター候補として名乗りを上げたブライアン・ヒルとは何者か?

東京オリンピックU24スペイン代表にも名を連ねた注目選手。

A代表、クラブでも活躍し

21-22シーズンは、トッテナム・ホットスパーに移籍し

オリンピックでも輝きを放つ

「ブライアン・ヒル」

彼を紹介したいと思う。

プロフィール

名前ブライアン・ヒル・サルバティエラ
国籍スペイン
生年月日2001年2月11日
年齢20歳
身長175cm
体重59キロ
ポジションMF
利き足
背番号/
引用元 transfermarkt

クラブ

シーズンクラブ試合数ゴールアシスト
20-21エイバル29
20-21セビージャ
19-20レガネス12
19-20セビージャ
18-19セビージャ13
18-19 セビージャB23
引用元 transfermarkt

代表

年代試合数ゴールアシスト
スペイン
スペインU24
スペインU23
スペインU21
スペイン1914
スペインU18
スペインU1711
スペインU16
引用元 transfermarkt

ブライアン・ヒルとは?

ブライアン・ヒル(ブライアン・ヒル・サルバティエラ、Bryan Gil Salvatierra)

スペイン・カタールニャ州バルセロナのロスピタレット・デ・ロブレガットで生まれ、子供のころにアンダルシア州カディスのバルバテで育つ。

サッカーを始めた最初のチームは、生まれ育ったバルバテのバルベートCF

ブライアン・ヒルは、幼少期でも才能を発揮しており、バルバテの「ダイヤモンド」としてスカウト陣には、評価されていました。

そして、2012年にセビージャFCのユースチームに入団。

カンテラ(下部組織)で力をつけていき

スペインの年代別でも、常に選出される実力を兼ね備え

18-19シーズンセビージャアトレティコ(セビージャB)に昇格。

2018年8月26日、UDイビサ戦でデビューを飾り、9月8日サン・フェルナンドCD戦で初ゴールを決めた。

セグンダBで23試合4ゴール、6アシストを記録し、当時の監督パブロ・マチンからトップチーム昇格を果たし、2019年1月6日アトレティコ・マドリード戦でブライアンヒルは、ラリーガデビューを果たした。

結果的に18-19シーズンは、13試合に出場し1ゴール1アシストでシーズンを終えた。

代表では、U19ヨーロッパ選手権でブライアンヒルは、主力として活躍し優勝を飾った。

20-21シーズンは、ロペテギ体制の元、主にELを主戦場として4試合に出場し1ゴール1アシストを記録。

そして、2019年12月10日セビージャとの2023年6月までの契約を更新した。

ヒルは、「私がこのシャツでプレーするすべてのゲームは特別なものになるでしょう私への信頼契約延長についてクラブにとても感謝しています」と語った。

しかし、出場機会を得るためレガネスにレンタル移籍。

12試合1ゴールを決めシーズンは、終了

この年のゴールデンボーイ賞最優秀選手100人に選ばれた。

20-21シーズンは、エイバルにレンタル移籍。

エイバルでは、第3節から出場を飾りスタートに遅れたが徐々に出場機会を伸ばし、主に左MFを主戦場としてプレー。

しかしそこには、日本代表乾貴士がレギュラーとして活躍していたが、ポジションを勝ち取り、

乾は、ブライアン・ヒルについて「この19歳はすげーわ!」と絶賛し、ポジションを争う後輩にもかかわらず、「色々学んで、まだまだ上手くなろう!」とコメントしその才能の高さがうかがえる。

出場機会を掴み、得点やアシスト、鋭いドリブルなどが評価され、ようやく才能を開花させたブライアン・ヒルにスペインのみならずヨーロッパ中から注目の的になった。

スペイン紙「AS」は「ブライアン・ヒルはスペクタクル」と見出しを打ち、「若きエイバル選手はグラナダ戦で2点を奪い、スペインサッカー界の将来のスターとしての地位を主張した。2-0の快挙は見事なものだった」と称賛。

また データ分析会社「オプタ」によると、ブライアン・ヒルは今世紀生まれの選手として、リーガで1試合2ゴールを挙げた2人目のプレーヤーとなり、バルセロナの神童FWアンス・ファティが17歳95日で2ゴールを決めたのに次いで新たな記録を生み出し、

スペインの名門バルセロナが興味を示すほどの逸材に成長を遂げる。

エイバルでの活躍が評価され、スペイン代表監督ルイス・エンリケが評価し、A代表に選出。

A代表デビューを果たしたブライアンヒルは、

試合後のルイス・エンリケ監督のコメントでは

「我々はエイバルで彼がやっていることをわかっている。彼は相手を崩すことができる選手なんだ。デビューゲームで、とても良いパフォーマンスを見せていたと思うよ」とコメント。

20-21シーズンは、最高のシーズンを迎え29試合4ゴール4アシストを記録。

惜しくもチームは、降格してしまったがチームの中心として活躍した。

東京オリンピックU24にも選出された。

21-22シーズンは、セビージャ残留かと思われたが、

プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーに移籍が決まり移籍金2160万ポンド(約32億円)+ラメラとのトレードという形で契約を結んだ。

トッテナム移籍についてヒルは、

「私はポイントを獲得し、毎分すべてを与えるためにスパーズに来ています。選手として、ハードワークと犠牲に加えて、ドリブル、ゴール、アシストに貢献したい。」とコメント

古巣セビージャには、

「11年間住んでいたセビージャを離れるのは簡単なことではない。サッカーでも個人的にも、今の僕になるためのすべてを与えてくれたチームなんだ。この決断は僕にとっても家族にとっても簡単なことではなかったけど、みんなにとってベストだと信じている」

「いつも助けてくれたクラブの人々に感謝したい。彼らは僕が成長する道程において重要な部分を占めている。また、この長く、辛く、美しい旅路で僕を支えてくれたチームメイト全員に感謝し、最後に、この美しいシャツを着て、初めて(エスタディオ・ラモン・)サンチェス・ピスファン(セビージャの本拠地)に足を踏み入れたあの2019年1月6日以来、愛情を持って僕を迎えてくれたファンを抱きしめたいと思う」

「これは、僕の心の中で決して消えることのない時間であり、永遠の誇りと感謝の念を抱くものだ。Sevillistas, I will miss you. (あなたがいなくて寂しい)世界中の幸運を祈るとともに、僕の心の中には常にこのエンブレムがある。心の底から、ありがとう」とコメントを残した。

来シーズンは、プレミアリーグの舞台に戦場を移すブライアン・ヒルに注目していきたい。

プレースタイル

ブライアン・ヒルの特徴は、局面を打開できる個人スキルと圧倒的なドリブル。

ドリブル

ブライアンヒルの一番の生命線でもあるドリブル。

主に左サイドを主戦場とするレフティーだが、プレースタイルは中からのカットインではなく、タッチ際での縦への突破からサイドをえぐり、ペナルティーエリアに侵入し、深いエリアまで持ち運びクロスをあげるのが特徴

またトップスピードに至るまでの時間が速く、一瞬の速さと細かいタッチのドリブルで相手とのマッチアップに挑み、緩急や方向転換などを巧みに使い、相手を置き去りにするドリブル技術も一級品。

スペースもなく相手に囲まれる状況でも関係なく常に前向きでもプレーを好む選手。

クロス

もう一つの特徴でもあるクロス。

ブライアンヒルは、アシストこそチームでは、少ないもののサイドからの、縦への突破からクロスをあげることに長けており、決定的なチャンスをいくつも作り出していた。

もちろんキックの精度も素晴らしい技術を持っているが、味方の状況に合わせたクロスを提供しており、ブライアンヒルの視野の広さと状況把握能力も高いと感じられた。

ポジショニング

エイバルのメンディディバル監督の元、鍛え上げられたポジショニング技術で再三チャンスを生み出し、攻撃一辺倒ではなく、守備の技術も高い選手。

身体的には、あまり体が大きくないため、ポジショニングを常に意識してコースを切ったり、相手を2~3人見るようなポジショニングをとるような守備を行っていた。

そのため、器用でサッカースキルが高い選手だと見受けられる。

課題

ブライアンヒルの課題としてフィジカル面があげられる。

身体的に大きくない選手のため、リーガでも競り合い、空中戦などの勝率が低くフィジカル面での不安があげられる。

今季からプレミアリーグに舞台を移し、屈強なプレミアリーグのDF相手にどのくらい活躍できるかがカギになる。

90分間のインテンシティーの高い試合で継続して同じパフォーマンスを発揮できるかも体力的に厳しいものがあると感じる。

DAZN

ブライアンヒルが所属しているトッテナム・ホットスパーを視聴するにはDAZN。

プレミアリーグ、FA杯、コミュニティシールドを視聴できます。

他にも下記のものも見られるので興味ある方はぜひ登録して、アストン・ヴィラの活躍をご覧ください。

ラ・リーガ1部、コパデルレイ 

セリエA、コッパ・イタリア

ドイツ DFBボカール 

フランス リーグアン 

ベルギーリーグ 

ギリシャリーグ 

スュペル・リグ

エールディビジを配信

FA杯コパデルレイセリエA、コッパ・イタリア DFBボカールリーグアン ベルギーリーグ ギリシャリーグ スュペル・リグ 一部試合のみ

エールディビジは、ハイライトのみ

J1~3全試合ライブ中継。

DAZN

総括

スペインの若きスター【ブライアン・ヒル】

若干まだ20歳ながらリーガで活躍し、スペイン代表にも選出され順風満帆のシーズンを過ごし

21-22シーズンは、プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーに移籍が決まった今季注目の選手。

まだ粗削りな選手だが、ドリブルや戦術理解度、頭の良さが際立つ若者がヨーロッパ最高峰のリーグでどのような活躍を見せてくれるのか楽しみにしていきたい。

今後の成長、伸びしろが計り知れない同選手だが、果たしてどのようなシーズンを過ごすのか注目して観ていきたいと思う。

こんな記事もおすすめ