ニュース

ジュピラー・プロリーグ(ベルギーリーグ)20-21得点ランキングベスト5

ジュピラー・プロリーグ(ベルギーリーグ)           得点ランキングベスト5 20-21シーズン

ジュピラー・プロリーグ(ベルギーリーグ)、5大リーグに移籍するための登竜門とされている若手、中堅、ベテランと数多くの国籍、年齢が集結するリーグ。ここでの活躍がステップアップのカギになる。

今回はベルギーリーグ全節終了とともに次のステップを歩むであろう得点ランキングベスト5に名を連ねた選手をご紹介。

※プレーオフは除く

Belgium Pro League : ニュース写真
引用元 Embed from Getty Images

過去2シーズンのランキングを紹介

今シーズンを紹介する前に過去18-19、19-20シーズンの得点ランキング、その後のステップアップをご紹介。

18-19シーズン得点ランキングベスト3

18-19所属クラブ選手名ゴール数国籍移籍先年齢
1位ズルテ・ワレヘムハムディ・ハルバウィ25チュニジアアル・アラビ・ドーハ(カタール)35
2位ゲンクムブワナ・サマッタ23タンザニアアストンビラ
(プレミアリーグ)
27
3位シャルルロワビクター・オシムヘン19ナイジェリアリール
(リーグアン)
20

18-19シーズンの得点ランキングベスト3、ご覧になってわかるとおり1位のハムディ・ハルバウィは、35歳ながら25得点を決めトップ、

2位ムブワナ・サマッタは、27歳ながらタンザニア代表として始めてプレミアリーグに上陸した選手。

3位ビクター・オシムヘンは、フランスの強豪リールに移籍しのちのイタリアビッククラブナポリまで上り詰めた逸材。

こうしてみると年齢、国籍が異なり次々とベルギーリーグから5大リーグへのステップアップが見られる。

19-20所属クラブ選手名ゴール数国籍移籍先年齢
1位アントワープディウメルシ・ムボカニ18コンゴ残留34
1位ヘントジョナサン・デイビッド18カナダリール(リーグアン)20
3位クラブ・ブルージュハンス・バナーケン13ベルギー残留27

19-20シーズンはの得点ランキングベスト3、1位は同率ディウメルシ・ムボカニ18得点でまたも34歳とベテランの選手がトップ。

同率でジョナサン・デイビッドも18ゴールで1位、同選手は、20歳と若いが結果を残し数多くのビッククラブからのオファーがあったがくしくも昨年のオシムヘンと同様リールを選択し今後のステップアップも気になるところ。

3位ハンス・バナーケンは、首位クラブ・ブルージュで13得点を記録し2年連続リーグMVPに輝いているベルギー代表選手。同選手には、現在ウェストハムが興味を示しており去就が気になるところ

今シーズン20-21シーズンの得点ランキングベスト5

では今シーズンの得点ランキングベスト5をご紹介。

20-21所属クラブ選手名ゴール数国籍年齢
1位ゲンクポール・オヌアチュ29ナイジェリア26
2位ルーベント-マス・アンリ21フランス26
3位ズルテ・ワレヘムジャンニ・ブルーノ20ベルギー29
4位ゲントロマン・ヤレムチュク17ウクライナ25
4位シントトロイデン鈴木優磨17日本24

1位は、伊東純也が所属しているゲンクのポール・オヌアチュ

KRC Genk v Sint-Truidense VV - Jupiler Pro League : ニュース写真
引用元 Embed from Getty Images

201cmの長身を生かしたポストプレーと圧倒的な空中戦の強さが魅力のセンターフォワード。彼には、スコットランドの名門セルティックやフランスの名門オリンピック・リヨンが獲得に興味を示していると噂されている。

2位ルーベン所属のトーマス・アンリ

Oud-Heverlee Leuven v Waasland-Beveren - Jupiler Pro League : ニュース写真
引用元 Embed from Getty Images

192cmとオヌアチュと似た身長を生かしてのセンターフォワード。高さを生かしてのヘディングはもちろんだが裏抜けや足元の技術、特にボックス内での得点感覚は、ベルギーリーグ随一のフィニッシャー。

彼にはレスターシティの噂があり、ルーベンはキングパワー、レスターシティとの姉妹クラブであり今夏でのステップアップが有力ではないかと言われている。

3位ズルテ・ワレヘム ジャンニ・ブルーノ

Zulte Waregem v Kaa Gent  : Jupiler Pro League : ニュース写真
引用元 Embed from Getty

ズルテ・ワレヘム所属ジャンニ・ブルーノ、前線どこでもできる万能アタッカー。今シーズンは、2トップの一角としてペナルティーエリア内外問わず、ゴールにどん欲なストライカー。

4位ゲント所属ロマン・ヤレムチュク

KAA Gent v Cercle Brugge - Jupiler Pro League : ニュース写真
引用元 Embed from Getty Images

191cmの長身アタッカーだがスピード、跳躍力などが優れており、爆発的なスピードと突破力を生かした仕掛けられるプレイヤー。ウクライナ代表ではセンターフォワードとして活躍。

彼にはプレミアリーグ、アーセナルやウォルバーハンプトン、イタリアのラツィオなどが獲得に乗り出しているとのうわさがある。

4位シントトロイデン 鈴木優磨

Sint-Truidense VV v RSC Anderlecht - Jupiler Pro League : ニュース写真
引用元 Embed from Getty Images

シントトロイデン所属鈴木優磨、182cmと他の選手とは少し見劣りはするが抜群のポジショニングと決定力から17得点を決めた。今シーズンは、サポーターが選ぶチームMVPにも選出され、去就が気になるが来シーズンについて監督ペーターマースは、「鈴木優磨は、クラブを去ることになる。これは決定している」とコメント、同選手は、イタリアへの移籍を希望しているものの具体的なオファーは、報じられていない。

総括

3シーズンの得点ランキングをご紹介しましたが、近年日本人選手がベルギーリーグに挑戦する背景で、日本国内でも注目がされている環境の中、世界各国の選手がベルギーを足掛かりに5大リーグに進出を目指している。

またベルギーでは、才能を秘めた選手が多く在籍し、ビッククラブのスカウトも多く視察に来るほどのアピールの場となるリーグになっていると感じる。

今回は5人の選手を紹介したがこの選手たちがどのようなクラブを歩みキャリアを築いていくのかとても魅力的であり是非皆さんも覚えておくべき選手たち。

DAZN

こうした若手や才能を持った選手をみるためにはDAZN一択。

ベルギーリーグを配信しているので興味ある方はぜひ見てください。

プレミアリーグ、FA杯、コミュニティシールド

ラ・リーガ1部、コパデルレイ 

セリエA、コッパ・イタリア

ドイツ DFBボカール 

フランス リーグアン 

ベルギーリーグ  〇

ギリシャリーグ 

スュペル・リグ

エールディビジを配信

FA杯コパデルレイセリエA、コッパ・イタリア DFBボカールリーグアン ベルギーリーグ ギリシャリーグ スュペル・リグ 一部試合のみ

エールディビジは、ハイライトのみ

J1~3全試合ライブ中継。

DAZN

こんな記事もおすすめ