ニュース

ミケル・アルテタ:アーセナルが数十年で最悪のスタートを切ったにもかかわらず「疑いの余地がない」理由

アーセナルが1年前の日曜日にミケルアルテタをヘッドコーチに任命したときプレミアリーグで10位だった

だが現在、ガナーズがプレミアリーグ15位になっているため、4位から10ポイント離れており、ヨーロッパの場所よりも下位3位にかなり近いため、必然的に疑問が生じています。

エミレーツスタジアムにサポーターがいないということは、ファンベースの温度を測るのが難しいことを意味します。ソーシャルメディアが測定された微妙な議論を見つける場所になることはめったにないので、チームが負けているときに#ArtetaOutの傾向が驚くことではないかもしれません。そこには何も新しいことはありませんが、アーセナルのマネージャーが到着してから1年後に変更を希望する人は、それが何の違いもないことを知っておく必要があります。

アルテタは金曜日に、「ここ数週間、プレミアリーグのフォームを受け入れる必要があるが、このサッカークラブにとって十分ではなかった」と語った。

「これはこの業界のあらゆるものと同じです。結果が必要です。しかし、大きな揺れの後、安定性を見つける必要があります。私と一緒にこの新しいプロジェクトを開始することを決定したとき皆が思っていた。このチームを修正するには時間が必要なことを。」

アーセナルのテクニカルディレクターであるエドゥがアルテタに出した自信は、私には空虚なレトリック以上のもののように思えます。マネージャーにとって、彼が必要だと言った時間に彼に与えられるというメッセージが非常に明確であることは良い兆候です。

現実には、彼は確かにそれを必要とするでしょう。

現在の状況はどれほど悪いですか?

楽観主義者は、物事は見た目ほど悪くはなく、アルテタのアーセナルはすでにトロフィーを獲得しており(昨シーズンのFAカップ)、ヨーロッパリーグでも好調を維持している。

別の見方をすれば、もちろん、彼らは下から6番目で、9試合に1回勝ち、39年でシーズンの最悪のスタートに耐えているということです。

しかし、コンテキストは重要です。彼は12月中旬に到着しました。これは、クラブに参加するのに悪名高い時期でした。その後、パンデミックが発生しました。ですから、トロフィーキャビネットでFAカップを12か月間振り返ることは、悲惨な場所とはほど遠いものです。今シーズンの珍しい性質はまた、決定的な結論に達するのが難しいことを意味します。

おそらく、FAカップの勝利は期待を高めすぎたのでしょう。ピッチだけでなく、以前の栄光に戻るためには、一から積み上げていかなければいけません。

アーセナルはそれを知っており、アルテタもそうです。

アルテタが問題の解決に苦労しているのはなぜですか?

アルテタは十分な選手がいないために苦労しています。また、一貫して勝つために必要な彼の周りの変化がすぐには起こらないことも認めると思います。

おそらく最も心配なのは、チーム内の性格と階層が不足しており、獲得や売却が非常に難しいことです。数ヶ月でどのようにリーダーを作りますか?アルテタと彼の前任者ウナイエメリの両方によるグラニトジャカの永続性は、彼がグループのトップパーソナリティの1人であるためです。

そしてもちろん、メスト・エジルをどうするかという疑問が根強く残っています。

アルテタとドイツ人の間に存在する不快な状況が何らかの形でスペイン人の非情に関連しているという考えは、マークから大きく外れています。

エジルのような選手がクラブで親指をいじるという莫大な経済的負担を念頭に置いて、エジルがアーセナルのルネッサンスでプレーするために重要な役割を果たしていることをアルテタに示す機会が与えられなかったという考えは率直に言ってばかげています。

私の気持ちは、アルテタは経済的な理由だけでなく、主にアルテタを含むすべての人が彼がどんな素晴らしい資産であるかを知っているので、彼に自分自身を証明する十分な機会を与えたと思います。私の意見では、彼が架空の政治的立場のために故意に傍観されていることを示唆することは、完全な話を知らないと判断します。

エドゥは契約状況の関係で自由に話せない気がしますし、言わないほうがいいこともあると思います。

エジルの問題は、より広い問題を反映しています-アルテタには、安定性を側面にもたらすために必要な重要な基盤を提供できる十分な一貫性のある10人中7人のパフォーマーがいないだけです。とにかくまだです。

そのためには、ピッチだけでなくクラブの構造全体にわたって、昨年のアーセナルの偉大な側面の多くで流行していた勝利の考え方を再構築する必要があります。アルテタは、それがまだ欠けているので、誰もがどこでも挑戦される文化を作りたいと思っています。

彼が才能があり、非常に有望なコーチである一方で、彼にはまだ学ぶことがたくさんあることも、彼にもクラブにも失われていません。彼が到着したとき、アーセナルの従業員に彼のドアは常に誰にでも開かれていると言ったとき、彼のサポートを提供するだけでなく、一緒に成長することも求めていました。

プレイヤーに近い情報筋によると、情熱的で、取りつかれていて、多分あまりにも多くの基地をカバーしようとすることにあまりにも関心があり-彼が誰から学んだか想像できません-メッセージは時々過負荷になります。

新人コーチが一度にすべてを説明しようとしたのは初めてではなく、プレーヤーはそれをすべて吸収するのが難しいと感じました。彼が取り組む必要があることを知っているのは、彼のコーチングアプローチの側面です。そして彼は、何よりも、アルテタがチームで何をしたいのかについて非常に明確な考えを持っており、それを自分のイメージに形作る方法を学ばなければならないことを認識しているからです。

彼の魔法は、マネージャーからそれほど頻繁に説明を受けたことのないすべてのファーストチームプレーヤーとの定期的な1対1の会話に現れます。最初のチームでデビューしたユースプレーヤーは、トレーニングの細部に重点を置いていることに感銘を受けています(アルテタはその最も重要な部分を担っていますが、彼のコーチングスタッフは、プレミアリーグのトップクラブでの作業にも適応しています。)そして、マネージャーが初めて来る直前に、「あなたは何をすべきか知っています、私はあなたを信頼しています」と言うのを聞くことから来るエンパワーメントを愛しています。

物事が正しい方向に進んでいることを示す輝きの閃光がピッチにあり、疑いと平凡な瞬間がありました。しかし、1つはっきりしていることがあります。チームは提案されていることを信じており、アルテタが戦術を劇的に変えることにした場合、プレーヤーは彼にそれをさせませんでした。

クラブは、おそらく魔法の迅速な修正を考えており、上級者の存在を落ち着かせ、導く影響力と見なしており、アーセン・ベンゲルの名前が現れました。しかし、その考えには警告が伴います。アレックス・ファーガソン、そして彼の前のビル・シャンクリーも、引退後、意思決定者に近づこうとしましたが、どちらも特にうまくいきませんでした。

戦術的には、アルテタは少し慎重すぎると考える人もいます。彼は今のところ、自由に使えるものを使用するための原則のいくつかを忘れなければなりませんでした。このアーセナル側は、ボールをボックスからボックスに移動する能力が向上しています。さらに、相手の半分でボールを回復することに関しては、ヨーロッパのトップチームの1つですが、中央で十分な創造性を示していないことは明らかです。ピッチの、そしてその同じ品質と自信の欠如は、最後の3分の1での彼らの困難を説明しています。

一言で言えば、アルテタは彼が必要とする品質で購入する方法を見つけるためにエドゥと協力しながら彼が持っているものを改善する必要があります。

アルテタは時間を稼ぎ、次に何をしますか?

将来に向けていくつかのポジティブな点があります。ガブリエル、トーマス・パティー、オーバメヤン、マルティネッリ、ジャカなどのプレーヤーは短期的には不可欠ですが、彼のチームはバランスが取れていません。ウィリアンの無料署名はもっとうまくいったかもしれませんが、ヨーロッパの場所に挑戦するのに十分な質の高い選手がチームにいます。

しかし、やるべきことはまだまだたくさんあります。

アルテタは、交代要員がいないパティーの不幸な怪我に苦しんでいる。パティーの仕事は、中盤に質と落ち着きを与えるだけでなく、チームをリードして競争力を高めることでもありました。

ピッチ外では、アルテタとエドゥの関係はとても良いです-彼らは毎日話します。

彼らの会話には、チームが十分ではないが大きすぎるという結論が含まれているでしょう、そして私は彼らが経験を積んで彼らのスキルを磨くことができるように多くのプレーヤーがこの冬に貸し出されることを完全に期待しています-ネルソンやスミスロウはほぼ確実にアーセナルの背負う選手になるがまだ早い。

その後、5人のプレーヤーが契約を終了する夏にクランチタイムが到来します。これは、意思決定者が同じ波長にいる今、積極的、支配的、攻撃的、動的、迅速、そして物理的なチームを形成したい方向にさらに前進する大きな機会を表しています。

アルテタがトップのコーチとマネージャーになることができるというクラブのどこにも疑いはありませんが、彼は彼の周りの人々によって助けられる必要があります。エドゥは、マネージャー、コーチングスタッフ、チームの関係がうまく機能していることを常に監視しており、これまでのところ、誰もがコーチと彼の長期計画に参加していないことを示唆するものは何も見ていません。

「最初から言っている。オーナー、取締役会、テクニカルディレクター、そしてクラブにいる全員から本当にサポートされていると感じた」とアルテタは語った。

「スタッフ、コーチ、選手たちと私が感じているのは、彼らとどのような相性がありますか?彼らはあなたをフォローしていますか?彼らはあなたがやろうとしていることを信じていますか?私はいつも言わなければなりません私たちがやろうとしていることに反するものは見たことがない、だからありがとうと伝えたい。」

「長期」はこれらすべての重要な部分です。アルテタがエミレーツで成功するためには、アーセナルのファンはそれが時間がかかることを受け入れる必要があります。

Embed from Getty Images

Everton v Arsenal - Premier League : ニュース写真

引用元

https://www.bbc.com/sport/football/55325050

こんな記事もおすすめ