ニュース

モンチ セビージャスポーツディレクター

Embed from Getty Images

Seville v FC Internazionale - UEFA Europa League Final : ニュース写真

彼はピッチでスターと見なされることはありませんでしたが、現在52歳で、20年前にユニフォームをスーツに交換したことで、彼はほぼすべてのキャリアを過ごした故郷のクラブであるセビージャでは間違いなく最も有名で尊敬されている人物です。

彼の成功とその背後にある方法が、彼が20年間行ってきた仕事、つまりスポーツディレクターの仕事を変えたことを表している。

プレーヤーとして、モンチは、主にバックアップのゴールキーパーとして、セビージャで11年間過ごしました。

彼は1999年に引退するまで、クラブで126試合をプレーしました。翌年、彼はスポーツディレクターに任命されました。

当時、モンチはスペイン2部のセビージャではスポーツディレクターがなく、他のクラブの方法を研究して、自分自身のインスピレーションを求めていました。FCポルトとリヨンは彼が見たものの指標となるものでした-タイトルを獲得し、スターを売り、若手を獲得するクラブ。

主な教訓は、最高の選手を失うことを受け入れること。少ないお金で、同じような最高の選手と交換するようにすること。

セビージャはモンチの最初の2年間、移籍に一銭も費やしませんでしたが、現在のアルメニアのヘッドコーチであるホアキンカパロスの下でリーガに戻るチームを構築することができました。

次のシーズン、2002年になって初めて、モンチは最初の投資を行うための青信号を与えられました。ブラジルのクラブバイアから最初にローンで到着したサイドバックがダニエウベスで50万ユーロという破格の値段で獲得。

6年後、バルセロナは当時のSBでは最高額となる約3500万ポンドを支払った。

そこからモンチ革命が始まった。

セビージャはリーガで20シーズン連続で黒字でおり、モンチは「成長するために売る」が彼らの哲学になっています。スタープレイヤーは長く留まる傾向はありませんが、通常はトロフィーを持ち上げるのに十分な長さです。

彼らの最近のトロフィー獲得は印象的です。2007年と2010年のコパデルレイの優勝者。2006年と2007年のUefaカップ優勝者。2014年、2015年、2016年、2020年のヨーロッパリーグ優勝者。2017年から2019年の間にローマとの2年間の試合に一時的に出場したにもかかわらず、モンチはそのすべてに大きな影響力を持っていました。

彼が去るまでに-別の挑戦を求めて-彼はクラブが移籍取引から約1億8000万ポンドの利益を得るのを助けました。

彼は今愛しているクラブに戻ってきました。彼は広く尊敬されており、典型的な明るいアンダルシアの日に、水曜日のチェルシーとのチャンピオンズリーグのミーティングに目を向けています。ゲームの勝者は彼らのグループのトップになる可能性があります。

他のクラブとは異なり、1年後、両方のクラブは、すでに保証されている進歩からノックアウトステージまで快適に過ごすことができます。

「真実は、未知のシナリオに直面し、スポーツディレクターの責任を超えた問題を管理するという、非常に厳しい時期でした」とモンチはBBCスポーツに語っています。

「交渉は少し複雑になりました。コロナの封鎖前にすでに行った作業に頼らざるを得ませんでした。スカウトに新しいタスクを割り当て、スカウトはしばらくフォローしていた優れた選手を何度もレビューしました。

「リーガのキャンセルなど、将来のシナリオに応じて異なる選手の獲得を計画しました。」

イヴァン・ラキティッチの獲得は、おそらくこの夏、スペイン南部でモンチと彼のチームによって実行されたいくつかの典型的な巧妙な動きの傑出したものです。

クロアチアのミッドフィールダーは、2011年にシャルケから約250万ユーロで獲得し、2014年に約2,000万ユーロ相当の契約でバルセロナに向けて出発しました。9月、セビージャは、現在32歳の彼を連れ戻すために、わずか150万ユーロの手数料で合意しました。

これらの取引はモンチの標準的な慣行ですが、2020年にモンチの状況は変化しました。つまり、Covid-19の危機により、すでに進行中の変化が加速しました。これにより、2019年5月に作成されたクラブの新しいデータ駆動型研究開発部門が大幅に強化されました。

サッカーのスカウトプロセスは急速に進化しており、新しい形式のデータがますます重要になっています。転送の決定を行う際には、チャンスの質を評価する指標(xG)などの新しい統計とメトリックが考慮されます。

野球やバスケットボールで何年にもわたって行われてきたように、ますます多くのエリートサッカークラブがその数を最大限に活用しようとしています。採用された人の多くはサッカーのバックグラウンドを持たない傾向がありますが、結果があれば問題ではありません。

「私たちはスカウトの主観的な視点をデータの客観的な基準と比較します」とモンチは言います。

「両者がほぼ常に同意しているという事実は、私たちが決定を下すように促します。私たちはより発展したビッグデータ部門を持っているので、今回はビッグデータをより信頼しました。

「私たちのプラットフォームは100%完全ではありませんが、興味深いプレーヤーを分析する際に非常に役立ちました。私たちのデータは1年前は今日ほど正確ではありませんでした。

「数年前に「小さなデータ」がありました。MicrosoftWordのスカウトレポートはデータでした。プレーヤーが右足または左足の場合、それもデータです…

「明らかに、より適切に処理されたデータ、より多くの情報が得られ、より信頼できるようになりました。信頼は使用に伴います。信頼できないものは使用しません。

「それでも、スカウトの主観的な視点を無視することはできません。私たちがしなければならないのは、両方のアプローチに参加することです。」

モンチと彼のチームは、このデータ革命を拡大して、チケットやマーケティングなど、クラブの運営に関する他のさまざまなセクションにも情報を提供することを計画しています。

しかし、適切なプレーヤーを適切な価格で見つけることができるシステムを構築することは依然として優先事項です。彼らが開発したアルゴリズムは、チームに合う可能性のある18,000人を超えるプレーヤーを分析します。そして舞台裏では、新しい種類の転送ターゲットがモンチの視界にあります。

「私たちは現在、サッカーの経験のない人工知能と機械学習の専門家と話し合っています。」と彼は言います。

「私たちは成長を続けたいと考えています。研究開発部門を設立する場合は、さまざまな角度からデータを理解することで付加価値を提供できる人材を提供する必要があります。」

セビージャでのモンチの成功により、ますます多くのサッカークラブが彼らのモデルに従おうとしました。ベンフィカ、スポルティングリスボン、モナコ、アヤックスなどのクラブが栄え、多くの利益を上げています。

他の人々は、彼の指導の下で7年間過ごし、現在はマルセロビエルサのリーズユナイテッドと友好関係のヴィクトルオルタのようなモンチの弟子に頼ることを好みました。

しかし、大規模な移転は、他の多くの人々が好む戦略のままです。

これは、今シーズンのスタンフォードブリッジでのクラブの以前のチャンピオンズリーグのミーティングでセビージャと0-0で引き分けたチェルシーの場合です。カイ・ハフェルツ、ハキム・ツィエク、ティモ・ヴェルナー、ベン・チルウェル、エドゥアール・メンディ(今年の夏に合計約2億2,200万ポンドで署名)は、水曜日の夜にラモン・サンチェス・ピズフアンですべて出場する可能性があった。

「チェルシーの取締役は彼らの財政と収益力を完全に認識していると信じたい。彼らはそうだと確信している」とモンチは言う。「あなたが投資をするなら、それはあなたの予算がそれを許すからです。

「チェルシーはここ数年、サッカー市場に隠されていたが、非常に良い取引を行った。ピッチの内外を問わず、収益性の高い素晴らしい予測を持った若い選手たち。 。」

モンチは英国サッカーへの魅力を隠したことがありません。実際、彼は2013年にロンドンで6か月間英語を上達させ、いくつかの調査を行いました。

「私はビジネス情報を探していました」と彼は言います。「プレミアリーグのクラブには、私がセビージャで実装したかった非常に高度なビジネスモデルがあります。

「彼らは、テレビ、マーケティング、帰属意識を通じてサッカーを本当に収益性の高いものにすることができます。当時、英国のサッカーの収入はスペイン人の2倍になりました。」

モンチは、英国のクラブが独自のモンチを求めていた時期に、英国でインスピレーションを求めていました。今日、マンチェスターシティ、リバプール、リーズユナイテッド、アーセナルなど、プレミアリーグの多くのチームには、確かにスポーツディレクターがいます。マンチェスターユナイテッドはそうではない1つのクラブです。

「ゼネラルマネージャー、ヘッドコーチ、スポーツディレクターなど、さまざまな人々に採用方針を委ね成功したクラブはたくさんあります。最もバランスが取れているので、明らかに最後のオプションを好みます」とモンチは言います。

「マンチェスター・ユナイテッドにスカウト部門がないという意味ではありません。もちろん、スカウト部門はあります。

「彼らにはTxikiBegiristain [マンチェスター]やMichaelEdwards [リバプール]がいません。どちらも私の旧友ですが、オールドトラフォードでこれらの決定を下す資格のある専門家がいると確信しています。トップクラブについて話しているのですが、彼らに教えることはほとんど、あるいはまったくありません。」

20年間厳しい決断をした後、モンチは圧力に耐える方法を知っていると主張します。彼は仕事に満足していて、まだたくさんのことを提供できると感じています。しかし、彼はすでに彼自身の次の移籍のタイミングについて考え始めています。

「私は家族、友人、そして自身にも借りがあります」と彼は言います。「私は彼らにその時間を返す必要があります。私を含めて。だから長くここにいるつもりはない。

「私は15歳の時から妻を知っている。27歳と21歳の私の子供たちはこのような家庭環境で育った。私は自分の幸福を犠牲にするほどクラブを優先している。しかし私は子供の頃、夢見ていたことをやっています。

「私は6時間の睡眠で十分です。早起きして運動しますが、この間はスマートフォンとコンピューターの電源が入っているので仕事もしています。自分の立場では切断は意味がありません。

「これは私が幸せである限り続くだろう」

引用元 https://www.bbc.com/sport/football/55146257

こんな記事もおすすめ