ニュース

プレミアリーグ第8節終了時選手評価

BBCスポーツによる試合評価を平均して出した第8節終了時での評価

全体のトップ10プレーヤー

プレーヤークラブ評価
ダニー・イングスサウサンプトン7.76
ジェイミー・ヴァーディレスター7.45
マイケル・アントニオウェストハム7.42
ヤニク・ヴェスターガードサウサンプトン7.34
クリスチャンフックスレスター7.33
エドゥアール・メンディチェルシー7.25
ジャック・グリーリッシュアストンヴィラ7.25
ジェームズウォードプラウズサウサンプトン7.24
ウェズリー・フォファナレスター7.21
スチュアート・アームストロングサウサンプトン7.19

イングスは全体のリストのトップであり、膝の怪我がなければ、今後の国際試合のイングランド代表に含まれていた可能性があります。

しかし、リバプールのモハメド・サラーとエバートンのドミニク・カルバート-ルーウィンと並んで、ハリー・ケインとトッテナムのチームメイトである孫興民はトップ10には入らなかった。

レスターのフルバックのクリスチャンフックスは、おそらくこのトップ10リストの中で最も驚くべき名前です。34歳の彼は去年の夏に契約が切れたときにレスターを去ることを考えたが、オーストリア人がもう1年間続けることができたのは、監督のブレンダン・ロジャーズによる刺激的な動きのようだ。

トップ10のゴールキーパー

プレーヤークラブ評価
エドゥアール・メンディチェルシー7.25
エミリアーノ・マルティネスアストンヴィラ6.95
アリソンリバプール6.75
アレックスマッカーシーサウサンプトン6.63
カスパーシュマイケルレスター6.61
イラン・メリエリーズ6.5
ルカシュ・ファビアンスキウェストハム6.49
ルイ・パトリシオウルブス6.42
カール・ダーロウニューカッスル6.36
ビセンテグアイタクリスタルパレス6.02

チェルシーの新しい守護神であるエドゥアール・メンディは、今シーズン最も印象に残っているプレミアリーグのゴールキーパーで、平均7.25で、悲惨なケパ・アリサバラガ(3試合の平均3.11)に取って代わった後、チームを安定させました。

リーズのイラン・メリエとニューカッスル・カール・ダーロウも、トップ10に入るのに十分な成績を収めています。

4回以上出場するゴールキーパーの中で、エバートンのジョーダンピックフォードの平均評価は4.6と最も低い。

マンチェスター・ユナイテッドのダビド・デ・へアは、平均評価が4.78で低い評価となった。

トップ10フルバック

プレーヤークラブ評価
クリスチャンフックスレスター7.33
カイルウォーカーピーターズサウサンプトン7.04
タリック・ランプティブライトン7.02
ティモシーカスターニュレスター6.99
ウラジミール・クーファルウェストハム6.94
ベン・チルウェルチェルシー6.93
アーサー・マスアクウェストハム6.78
マティ・キャッシュアストンヴィラ6.61
ライアン・バートランドサウサンプトン6.58
スチュアート・ダラスリーズ6.56

前述のように、フックスはシーズンの素晴らしいスタートを切っており、レスターのチームメイトであるティモシー・カスターニュと彼が交代したチェルシーのベン・チルウェルもランキングにのっているのは当然のことです。

ブライトンは16位という低い位置にもかかわらず、タリックランプティはブライトンにとって明るい種となっています。

一貫性が重要であり、昨シーズンのPFAチームオブザイヤーに選ばれたリバプール、トレントアレクサンダーアーノルドとアンドリューロバートソンが、このランキングでの成績が悪かったため、これまでのところトップ10にランクインしていないという事実によって完全に強調されています。アストンヴィラによる7-2の敗戦によって。

アレクサンダーアーノルドはそのゲームで2.33の評価を与えられ、ロバートソンは3.13の評価を与えられ、平均評価を引き下げました。

トップ10センターバック

プレーヤークラブ評価
ヤニク・ヴェスターガードサウサンプトン7.34
ウェズリー・フォファナレスター7.21
ファビアンバルブエナウェストハム6.89
タイロン・ミングスアストンヴィラ6.69
マックス・キルマンウルブス6.69
ヤン・ベドナレクサウサンプトン6.64
チアゴ・シルバチェルシー6.62
エズリ・コンサアストンヴィラ6.6
アンジェロ・オグボンナウェストハム6.5
コナーコーディウルブス6.46

サウサンプトンのヤニク・ヴェスターガードとヤン・ベドナレクは、センターバックのトップ10に入りました

アストンヴィラのタイロンミングスとエズリコンサは、チェルシーの無料契約を結んだ経験豊富なブラジル人チアゴシルバと同様に、もう1つの守備的な組み合わせです。

今シーズン4試合以上プレーするセンターバックの中で、チェルシーのアンドレアス・クリステンセンの平均評価は4.03と最も低く、フラムのマイケル・ヘクター(4.11)とマンチェスター・ユナイテッドのキャプテン、ハリー・マグワイア(4.15)がそれに続いています。

トップ10の守備的/中央ミッドフィールダー

プレーヤークラブ評価
ジェームズウォードプラウズサウサンプトン7.24
スチュアート・アームストロングサウサンプトン7.19
オリオール・ロメウサウサンプトン6.94
デニス・プラートレスター6.81
ユーリ・ティーレマンスレスター6.77
デクランライスウェストハム6.75
マテウシュクリヒリーズ6.6
ジョン・マッギンアストンヴィラ6.44
ジョーダンヘンダーソンリバプール6.34
ジェームズマッカーシークリスタルパレス6.32

サウサンプトンのミッドフィールダーがトップ3を獲得し、フリーキックの王ジェームズウォードプラウズが平均評価で最高のポジションを獲得し、スコットランド代表のスチュアートアームストロングとスペインのオリオールロメウがそれに続きます。

タイトルを獲得したキャプテンのジョーダン・ヘンダーソンにとっても力強いスタートであり、リバプールでの彼のパフォーマンスはこれまでのところ9位を獲得しています。

マンチェスター・ユナイテッドの選手の中にはこれまでに平均点がワーストを抱えている人もおり、その傾向は中盤でも続いています。

プレミアリーグで最も高額な選手であるポールポグバは、今シーズンのクラブの7つのリーグゲームすべてに登場しましたが、平均評価が最も低い中央ミッドフィールダーです…はるかに。

ポグバは平均3.64で、ニューカッスルを4-1で下した最高評価は5.37でした。

トッテナムのミッドフィールダー、ハリーウィンクスが次ですが、平均評価は4.37とやや健康的です。

攻撃的なミッドフィールダー/ウィンガーのトップ10

プレーヤークラブ評価
ジャック・グリーリッシュアストンヴィラ7.25
孫興民トッテナム7.04
ハメス・ロドリゲスエバートン6.95
ジェームズ・マディソンレスター6.93
マフムード・トレゼゲアストンヴィラ6.89
マーク・オルブライトンレスター6.88
ネイサンレドモンドサウサンプトン6.86
ジャロッド・ボーウェンウェストハム6.78
ハーヴィー・バーンズレスター6.78
ハキム・ツィエクチェルシー6.75

これまでのところ4ゴールと5アシストで、アストンヴィラのジャックグリーリッシュがミッドフィールダーの攻撃の評価トップで、エバートンのコロンビア代表のハメスロドリゲスも印象的です。

ウィンガーもこのカテゴリーに含まれているため、スパーズのソン、ヴィラのマフムード・トレゼゲ、チェルシーのハキム・ツィエクもランクイン。

トップ10フォワード

プレーヤークラブ評価
ダニー・イングスサウサンプトン7.75
ジェイミー・ヴァーディレスター7.45
マイケル・アントニオウェストハム7.42
サディオマネリバプール7.19
チェ・アダムスサウサンプトン7.16
オリー・ワトキンスアストンヴィラ6.86
リシャルリソンエバートン6.85
パトリック・バンフォードリーズ6.82
ロドリゴリーズ6.8
ドミニク・カルバート=ルーウィンエバートン6.76

サディオマネパトリック・バンフォードドミニク・カルバート=ルーウィン、がトップ10になりましたが、いくつかの驚きもあります。

リーズのクラブレコードで契約したロドリゴは、今シーズンこれまでのところ1ゴールしか得点しなかったにもかかわらず、9番目に高い評価を得ています。

ヴィラのストライカー、オリー・ワトキンスは、チャンピオンのリバプールの7-2でのハットトリックで、今シーズンのどの選手よりも高い評価を獲得しました。

レスターは現在のプレミアリーグの首位であり、2015-16年のクラブのタイトルを獲得したチームから、カスパーシュマイケル、フックス、マークオルブライトン、ジェイミーバーディがすべてトップ10のカテゴリーに登場しました。

引用元BBCスポーツ

https://www.bbc.com/sport/football/54867591

こんな記事もおすすめ