ニュース

プレミアリーグ 今シーズン怪我の増加の背景


プレミアリーグの選手は今シーズン高い割合で怪我を負っているようであり、多くの監督が懸念しています。

怪我の増加の背後にあるものは何か?

今シーズン、怪我が増えるのはなぜか?

プレミアリーグシーズンの最初の8試合で合計103の筋肉の負傷があり、昨年の同時期と比較して16%増加しています。

元アーセナルとイングランドの理学療法士ゲイリー・ルーウィンは、今年は通常のプレシーズンがなかったことや詰め込みスケジュールの両方が怪我の増加の背後にある要因であると言います。

彼はBBCRadio 5 Liveに次のように語っています。「前のゲームから完全に回復しないと、倦怠感が始まり、筋肉の損傷が大きくなります。筋肉が疲れていて、もう一度負荷をかけると、筋肉が壊れてしまうからです。」

2019-20プレミアリーグシーズンの終了から2020-21シーズンの開始までの期間は7週間でしたが、コロナウイルスのパンデミックにより、当初の計画では12週間でした。

その間、ヨーロッパの大会に参加したクラブや国際試合もありました。

今年は冬休みはなく、2019-20年の終わりが遅く、6月11日から欧州選手権が再スケジュールされるため、シーズンは通常の5週間短くなります。

これは、今年は週半ばの試合が増え、放送の選択により週末の試合が金曜日から月曜日に広がることを意味します。

怪我人選手

リバプール:ディフェンダーのフィルジル・ファン・ダイクとジョー・ゴメスは、膝の怪我の手術を受けた後、今シーズンのかなりの部分を欠場すると予想されています。

トレント・アレクサンダー=アーノルドは、ふくらはぎの負傷でイングランドの試合から除外されましたが、ハムストリングの問題のため、ファビーニョも欠いていました。

マンチェスター・シティ:ストライカーのセルヒオ・アグエロが脚の筋肉の負傷から復帰し、ディフェンダーのアケが水曜日のオランダのスペインとの1対1の親善試合で5分に筋断裂を負った。

マンチェスター・ユナイテッド:ディフェンダーのルーク・ショーは、ハムストリングの負傷で1か月間欠場。

アーセナル:守備的MFトーマス・パルティは、太ももの負傷でガーナの国際試合を欠場。

チェルシー:フォワードクリスチャンプリシッチは今シーズン、プレミアリーグの試合を3試合欠場し、ハムストリングの負傷のためリハビリを続けるために米国チームから撤退しました。

サウサンプトン:これまでに7試合で5得点を挙げたストライカーのダニーイングスは、膝の怪我で最長6週間以上出場できません。

レスター:現在、ディフェンダーのチャグラル・ソユンクとリカルド、ミッドフィールダーのウィルフレッド・ディディとダニエル・アマルテイも欠場。

プレミアリーグクラブによる負傷者数(11月12日現在)
アーセナル5リバプール6
アストンヴィラ4マンチェスター4
ブライトン6マンチェスターユナイテッド7
バーンリー4ニューカッスル6
チェルシー5シェフィールドユナイテッド4
クリスタルパレス7サウサンプトン6
エバートン2スパーズ4
フラム4ウェストブロム5
リーズ6ウェストハム3
レスター6オオカミ2
出典:Premierinjuries.com

監督の発言

リバプールのボス、ユルゲン・クロップとマンチェスター・シティのペップ・グアルディオラは、日曜日に行われた1対1の引き分けに続いて、プレミアリーグの試合スケジュールを変更する必要があると語った。

マンチェスター・ユナイテッドのスールシャール監督は、木曜日の朝にトルコでのチャンピオンズリーグの試合から戻った後、土曜日の早いキックオフでエバートンとの試合に腹を立てていた。

クロップとグアルディオラは筋肉の怪我の研究データを発表し、怪我を抑えるために5人の交代を再導入するよう呼びかけました。 またチェルシーのフランク・ランパードも賛同しています。。

ウェストハムのボス、デイビッド・モイーズは、最初に3人の交代への復帰を支持した後、考えを変えたと語った。

しかし、アストン・ヴィラの監督、ディーン・スミスは、プレミアリーグは3人の交代だけを許可することに固執するべきだと語った。

5人の交代選手が戻ってくるのか?

プレミアリーグの最高経営責任者であるリチャードマスターズは、試合での5人交代制の可能性は低いと述べています。

彼は、クラブがこの動きを2回拒否し、規則が変更されるためにそれをサポートするために最低14のクラブが必要であると述べた。

BBC Sportは、前回は11のクラブが支持されたが、他のクラブは5人の交代選手がBIG6以外のクラブに不当な利益をもたらすと感じていること。

このルールは、プレーヤーの福祉を保護するために2019-20シーズンが6月に再開されたときに導入され、世界の統治機関であるFifaは今シーズンの継続使用を許可しました。

プレミアリーグは、ヨーロッパで3つの交代選手に戻した唯一の主要な大会。

彼らは実際に5人の選手交代を使用するのか?

PLゲームでの3つの交代カードすべての使用
クラブPl3人の交代クラブPl3人の交代
アーセナル88フラム86
ニューカッスル88リーズ86
スパーズ88リバプール86
ウェストブロム88ウェストハム86
ウルブス88クリスタルパレス85
マンチェスターユナイテッド77シェフィールドユナイテッド85
エバートン87サウサンプトン84
レスター87アストンヴィラ72
ブライトン86マンチェスター72
チェルシー86バーンリー70
出典:Opta

アーセナル、マンチェスターユナイテッド、ニューカッスル、スパーズ、ウェストブロム、ウルブスの6チームだけが、今シーズンこれまでにプレーしたすべてのプレミアリーグの試合で3つすべての交代カードを使用しました。

バーンリーは、これまでの7試合のいずれにおいても3人の交代すべてを使用したことはありません。

今シーズンのチャンピオンズリーグでは、リバプールが3つのグループゲームすべてで5人の交代を使用し、チェルシー、マンチェスターシティ、マンチェスターユナイテッドが2試合で5人すべてを使用しました。

チェルシーはセビージャに対して4つの交代カードを使用し、シティとユナイテッドはポルトとパリサンジェルマンに対してそれぞれ3人使用しました。

ヨーロッパリーグでは、スパーズは3試合すべてで5人すべてを交代し、レスターは2試合5人、1試合4人交代カードを使用し、アーセナルは1試合4人、2試合5人交代をおこなった。

引用元 https://www.bbc.com/sport/football/54919878

参考文献 https://www.premierinjuries.com/

こんな記事もおすすめ