ニュース

1月の移籍期間:各プレミアリーグクラブはどのような動きがあるか

2020-21サッカーシーズンの前半が終わると、チームは間違いなくチームを強化する必要がある場所について考え始めています。

では、プレミアリーグの監督たちは移籍リストに何を(そして誰を)入れるのでしょうか?

アーセナル

アーセナルは、今シーズンが低調なパフォーマンスが多い。加えて負傷したトーマス・パルティと調子が上がらないウィリアン。チームを活性化させるためには創造性とインスピレーションを必要としています。

インテルミラノで冷遇されている元トッテナムのMFクリスティアンエリクセンは、夏のターゲットだったリヨンのフセムアワールと同様に、注目しているとして言及されています。ジャン・マイケル・オーラス(リヨンの社長)の鉄の固い交渉スタイルの下では、いつでも選手をリヨンから追い出すのは難しい。1月は不可能かもしれない。

ノリッジのエミリアーノブエンディアは可能性があり、アーセナルの価格帯で利用可能な1人のプレーヤーである可能性があります。

監督のミケルアルテタは、テクニカルディレクターのエドゥからサポートを約束されて財務計算が行われています。アーセナルが彼らの予算を見て、選択肢を検討するとき、1月は彼らが最終的に金額から高価なメスト・エジルを取り除くことに成功する時でしょうか?

Arsenal 1st Team Photocall : ニュース写真
Embed from Getty Images

アストンヴィラ

このチームには大金の動きを期待することは難しいかもしれません。しかし監督のディーン・スミスは攻撃陣の補強を考えるかもしれません。ブレントフォードからの2800万ポンドのクラブレコードで署名されたワトキンスは傑出していますが、ケイナン・デイビスはチャンスがあったときに十分なゴールを生み出していません。

ヴィラは昨年、ヘンクのムブワナサマッタの850万ポンドの署名に失敗したため、1月は、特に貴重な選手を獲得するための市場です。彼はすでにフェネルバフチェで貸し出されています。

ヴィラは長い間ヴェルダーブレーメンのミロトラシカと関係がありましたが、この段階では獲得の計画はありません。

ブライトンアンドホーブアルビオン

ブライトンのオーナーであるトニーブルームは、1月の市場への投資のファンではありませんでした。しかし、目標の欠如が引き続き問題を証明している場合は、ストライカーの動きで計画が変更される可能性があります-ブライトンは常にバランスをとろうとしますが、

彼らはまた、切望されたディフェンダーのベン・ホワイトを維持したいと思うでしょう。

バーンリー

ショーン・ダイクは厳しい予算で奇跡を起こした後、強化したいと考えていますが、ターフ・ムーアには巨額の資金がなく、買収案はまだ実現していないため、1月に動きが起こる可能性は低いです。

ディフェンスに関しては、ダイクはセンターバックのジェームス・ターコウスキーに魅力的なオファーが来ないことを望んでいる。

クラレットはウェストハムからのタルコウスキーへの夏の関心と、彼の売却は非常に大きなお金を生み出すことが期待できましたが、彼のフィットネスへの復帰後、チームにとっての重要性が強調されましたため売却することは考えれないでしょう。

チェルシー

チェルシーの監督フランク・ランパードは素晴らしい夏を過ごした後、次に誰を望んでいるかはよく知られていますが、1月の市場に関しては、彼が望んでいることと得られることは2つの異なるものになる可能性があります。

ランパードは、中央で守備ができるミッドフィールダー、デクランライスと契約したいと考えていますが、ウェストハムは1月に売却することを検討しますか?それは非現実的な出来事だと考えます。

チェルシーとランパードは、アントニオ・リュディガー、アンドレアス・クリステンセン、マルコス・アロンソなど、一部の選手を放出することから始めなければならないかもしれません。

クリスタルパレス

クリスタル・パレスの監督、ロイ・ホジソンからの大きな動きは期待しないでください。ウィルフレッド・ザハを取り巻く果てしない憶測からの脱却がついに起こるかもしれません。そして、決して実現しない離れる動きと永遠に関連しています。

QPRからエベレチエズを連れてきたのと同様の購入があるかもしれません。レディングのフランスの若者の国際的なマイケルオリーゼが可能性として宣伝されています。ボド/グリムストライカーのカスパー・ユンカーも言及されていますが、1月のパレスは非常に静かであっても驚くことではありません。

エバートン

エバートンのフットボールマルセルブランズのディレクターは1月のビジネスのファンではありませんが、マネージャーのカルロアンチェロッティは、負傷したチームを強化したいと思うかもしれませんが、シーズン後半も力強いポジションにあります。

アンチェロッティは去年の夏、右翼の援軍を探していましたが、レアル・マドリードでのイタリア人の時代と大きなつながりを持つ2つの興味深い名前が言及されています。彼らはまだベルナベウにいるイスコと、エバートンのマネージャーとの接触を認めた現在ユベントスにいるドイツのミッドフィールダーであるサミ・ケディラです。

レスターのデマレイ・グレイはグディソン・パークへの移転に関連しており、トッテナムのデレ・アリも噂されていますが、「非常にありそうもない」と獲得できるのは難しい。

ストライカーは関心のある分野かもしれませんが、どうなることでしょう。

Wolverhampton Wanderers v Tottenham Hotspur - Premier League : ニュース写真
Embed from Getty Images

フラム

ここ数週間のフラムの急速な改善は、1月の移籍期間が監督のスコットパーカーとチームにとって定義されているようには見えないことを意味します。

コテージは、フィラデルフィアユニオンの23歳のドイツ生まれの左バックカイワグナーと関係があります。

リーズユナイテッド

リーズ・ユナイテッドは1月に動きを見せない可能性が高く、走りが非常に悪い場合、またはマルセロ・ビエルサのチームが突然怪我をした場合にのみ変わる可能性があります。

ビエルサは、昨年1月に到着した後、獲得への道をほとんど考えていなかったRBライプツィヒのジャンケビンオーガスティンの論争に失敗しローンの動きによって示されるように、すべて彼のアイデアとフィットネス要件に磨きをかけた比較的小さなチームが好きです。

12月20日にリーズがオールドトラフォードで6対2で敗れたときに得点したマンチェスターユナイテッドのダニエルジェームズのローンの動きの話がありました。

中央ミッドフィールドは強化が必要なエリアかもしれませんが、来年の夏は大きな動きの時期になるだろうという提案があります。

レスター

ブレンダン・ロジャーズは、夏を過ごした後の選手の育成について話しましたが、レスターは現在、ジョニー・エヴァンズとフランスの傑出した20歳のウェスレイ・フォファナの経験に大きく依存しているが中央の戦力は明るく見えます。

2016年のタイトル獲得チームのキーパーソンであるウェズモーガンが1月に37歳であるのに対し、チャグラルソユンクは怪我でひどい打撃を受けています。

レスターはまた、他の多くの人々とともに、スポルティングリスボンの才能あふれる10代の左サイドバックのヌノメンデスとリンクしています。

リバプール

ここでの大きな質問の1つは、リバプールの監督であるユルゲンクロップが、フィルジルファンダイクとジョーゴメスの代わりにDFを求めて獲得するのでしょうか。どちらもひざの重傷から回復しており、今シーズンは再びプレーできない可能性があります。

クロップは、リバプールにとって100%正しいと確信している場合にのみ獲得し、短期的な修正や2番目のオプションではありません。これまでのところ、ファビーニョ、ジョエルマティプ、リースウィリアムズなどの若者の組み合わせにより、リバプールは再びプレミアリーグのトップに立っています。

リバプールはシャルケのオザン・カバクとリールのディフェンダー、スフェン・ボットマンとの契約に関連しているが、過去の経験から、クロップはあらゆる動きを非常に慎重に検討することがわかっている。彼は、どんな署名もチームに利益をもたらすと確信しなければ獲得はならないでしょう。

2019年にリバプールのチャンピオンズリーグで優勝したディヴォック・オリジは、去る人かもしれません。

Liverpool FC v Atalanta BC: Group D - UEFA Champions League : ニュース写真
Embed from Getty Images

マンチェスターシティー

エティハドスタジアムでは静かな1月のようですが、機会があれば、ペップグアルディオラは左後ろの改善を模索したくなるかもしれません。ベンジャミン・メンディは一貫性がなく、怪我をしがちですが、オレクサンドル・ジンチェンコはトップクラスではありません。

さらに先を見据えて、シティとグアルディオラは、最終的には偉大なセルヒオアグエロのいないチームを計画する必要があります。

マンチェスターユナイテッド

スールシャール監督は、CBと幅広い攻撃ポジションを強化したいと考えています。しかし、彼らが1月にそれを行うことができるかどうかは疑わしい。

ボルシア・ドルトムント、イングランド、ジェイドン・サンチョは依然として長期的なターゲットです。将来の獲得の可能性には含まれるがチャンピオンズリーグでブンデスリーガ側と一緒に販売されないRBライプツィヒのダヨウパメカノとブライトンのベンホワイトも興味を示している。

通過する取引が1つあります。スールシャール監督は、今年の変わり目に10代のアタランタウィンガーのアマド・ディアロの1900万ポンドの署名を完了している。

ニューカッスルユナイテッド

シーズン半ばのウィンドウがマイクアシュリーはどのように機能するか誰が知っていますか?ニューカッスルユナイテッドのオーナーは、最後の移籍期間中に、カラムウィルソン、ジャマールルイス、ジェフヘンドリック、ライアンフレイザーを連れてくるためにかなりのビジネスを行いました。ですから、静かな1月かもしれません。

マンチェスター・ユナイテッドの若い左サイドバックのブランドン・ウィリアムズが潜在的なターゲットであるにもかかわらず、守備陣の強化をすることは、監督のスティーブ・ブルースが考えているものかもしれません。彼はまた、チェルシーのフィカヨ・トモリをレンタルで獲得するかもしれません。

シェフィールドユナイテッド

シェフィールドユナイテッドは、プレミアリーグの麓での絶望的な窮状がブラモールレーンでの考え方を変えない限り、恒久的な署名ではなくローン契約を検討します。

監督のクリス・ワイルダーは、ジャック・オコンネルの負傷が深刻な影響を及ぼしている左側の中央ディフェンダーを優先する可能性があります。これは、彼の守備的資質だけでなく、ピッチ周辺のエネルギーのためでもあります。

クラブの所有権は、プレミアリーグのステータスを回復するために賭けますか、それとも、悪名高い1月の市場で慎重になりますか?彼らの現在の位置はまた、ターゲットを引き付けることをより困難にするかもしれません。

サウサンプトン

サウサンプトンは、左後ろに質と深さを追加するように見えるかもしれません。マンチェスターユナイテッドのブランドンウィリアムズは夏のローンの動きのターゲットでした-そしてそれは1月に再訪されるかもしれません。ニューカッスルからも関心を集めているものの、彼は両方の側面に多様性を提供しており、監督のラルフ・ハーゼンヒュットルにアピールする可能性があります。しかしスールシャール監督は、ディフェンダーを貸し出すことに消極的かもしれません。

大きな活動は、ダニー・イングスとライアン・バートランドの取引がテーブルにある新しい契約によってもたらされる可能性があります。

Southampton v West Ham United - Premier League : ニュース写真
Embed from Getty Images

トッテナム

トッテナムでの1月の大きな問題は、ジョゼ・モウリーニョに取り残されたデレ・アリが1月にクラブに出場するかどうかであり、パリ・サンジェルマンは依然として非常に興味を持っています。

モウリーニョは、ユベントスの経験豊富な中盤の男サミ・ケディラとの潜在的な契約に関連していますが、議論のほとんどは、彼がイングランドの偉大な将来の才能の1人として宣伝されて以来スターが落ちたアリを取り巻くでしょう。

ウェストブロムウィッチアルビオン

アルビオンは援軍を切実に必要としており、サム・アラダイスが市場での機動の適切な余地の確固たる保証なしに監督の仕事を受け入れる可能性はほとんどありません。

彼はすでに、セルハーストパークとウェストハムで彼の下でプレーしたクリスタルパレスの31歳のディフェンダージェームズトムキンスと関係があります。

さらに、アラダイスは、2018年1月に2700万ポンドでグディソンパークに連れて行ったエバートンのトルコ人ストライカー、ジェンク・トスンを見たくなるでしょうか?

アラダイスはニューカッスルのアンディ・キャロルと関係がありますが、元イングランドのストライカーは金額の面で高すぎるし、記録は彼も怪我をしやすいことを示唆しています。

ウェストハムユナイテッド

デイヴィッド・モイーズは攻撃に火力を加えたいと考えており、チェルシーのオリヴィエ・ジルーと関係があります。これは素晴らしいサインになるでしょうが、チェルシーはまだそれほど影響力のあるプレーヤーをスタンフォードブリッジから去らせることを本当に考えますか?

ハマーは、昨年の夏、ボーンマスのジョシュアキングと深く関わっていました。モイーズはその取引を再検討しますか?

彼らはチェルシーからデクランライスのオファーを受けるかもしれませんが、これは1月に確実に抵抗されるでしょう。

Southampton v West Ham United - Premier League : ニュース写真
Embed from Getty Images

ウォルバーハンプトンワンダラーズ

11月29日のアーセナルでの勝利で、優れたストライカーのラウル・ヒメネスが頭蓋骨骨折に見舞われる前に、ウルブスはすでにゴール不足に苦しんでいました。

これにより、1月に印象的な援軍の必要性が高まりました。特に9月にディオゴジョッタがリバプールに売却されたことを考えると。

リバプールのディヴォックオリジは今、チームに必要ですか?その後、ヒメネスが復帰することを許可されたとき、彼は有用なチームの強化であり続けることができますか?

引用元 https://www.bbc.com/sport/football/55428143

こんな記事もおすすめ